≪海外からの求人応募エントリー!≫

昨日は、地方在住の方からの応募エントリーのお話しをしました。









本日は、海外からの求人応募エントリーの方のお話しです。









電子メールが出来るようになった現代では、海外との時間差があっても、メールを送っておくことが出来るため、海外からの応募エントリー者に対しても対応が出来るようになりました。








海外といいましても、日本人の応募対応です。









さらに応募対応といいましても、海外在住の方でいらっしゃるので、昨日の地方在住の方のような対応ではありません。









では、海外から応募される方、というのはいったいどういう人達なのでしょうか。









海外からの応募というと、何だろう??


って思ってしまいますよね?










別にこちらが海外の現地の求人を出しているわけではありません。









日本でのお仕事です。








ますますわかりませんか?









なんてことはありません。









近いうちに日本に帰国するため、予め、帰国する前に、新たな生活基盤となる日本でのお仕事探しを早めにしておきたい、ということです。








そのために、よろしければ、先に経歴書を送ってもらったりして、メールベースでのやり取りをさせてもらいます。








ただ、海外生活が長く、現状の日本の社会情勢や経歴に対する日本でのお仕事マッチング、年齢、給与などの条件の現実が把握出来ていなかったり、派遣という仕組みがわからなかったりすると、そこから教えていかねばなりませんので、結局は、通常よりも倍の時間がかかってしまいます。







でもこればかりは仕方がないです。。




どうしても海外と日本との居住生活の期間差は避けられません。








ただ、可愛いそうなのが、応募者の方でこういう人達がおります。








例えば、奥さんが日本人で旦那さんが外国人の方で、この外国人の旦那さんが日本語が話せない場合、奥さんが代わりに応募の問い合わせなどして来ていただく場合があるのですが。。







応募の時はこうした代理のお問合せでも良いのですが、就業におきまして、最終的には旦那さんが一人で日本語のコミュニケーション対応をしなければなりませんので、結局は、それが出来ねばNGとなってしまいます。。

他にも長い間の生活ギャップの相違から、日本人ではありますが、文化の違いに慣れなかったり、スキルギャップが埋めれないなど。。

このようなことで、せっかく日本に帰国し生活拠点を日本に置いて新たな人生を送ろうとしたときに、現実の壁が立ちふさがり、最終的に日本人であるにも係わらず、日本で生活が出来ず、また海外に返っていくしかない、ということが実際にあるのです。

人材派遣のお仕事をして、このような、どうにも出来ない現実があることを知らされました。


このときばかりは、何も出来ず、大変申し訳ございません、という悲しい気持ちでいっぱいになります。


自分の生まれた国で生きていけない。。
報じられない現実のお話です。

それもまた人生。。


しかし、それでも、海外で、日本人の魂は捨てずに、がんばってほしいと願います。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック